ピアサポーターになるには

東京大学の学生であれば誰でも、所定の研修を受講し、認定を受けていただくことでピアサポーターになることができます。

※正規の学部学生か、大学院学生に限ります。また、活動に謝金が支払われますので、リーディング大学院や学術振興会特別研究員など、副業が禁止されている学生の場合は、予めピアサポートルームスタッフへ連絡の上、所属する事務室に問い合わせて活動についての確認を得ていただくようお願いします。

ピアサポーター認定の流れ

①ピアサポーター応募フォームによる申込み
②予備研修の受講(ピアサポート活動に必要な基礎知識の習得)
③総括講義の受講(重要ポイントの確認とアウトリーチに関する体験学習)
④ピアサポーターとして認定

ピアサポーター認定の流れ

①ピアサポーターへの応募

ピアサポーター希望の方は、以下のフォームよりご応募ください。
スタッフより、折り返し今後の手続きをご案内いたします。

PS-apply

②予備研修の受講

予備研修では、ピアサポート活動を行う上で必要な援助に関する知識を学びます。
指定の授業を受ける方法と、ピアサポートルームが用意するビデオ教材で学ぶ方法の、2通りの受講方法があり、どちらを選んでいただいても構いません。

2019年S1・S2タームに開講される指定授業

  • 総合科目「心身の実践科学」木5限:駒場キャンパス
  • 新領域創成科学研究科「ストレスマネジメント論」水5限:柏キャンパス

2019年A1・A2タームに開講される指定授業

  • 教育学部「ストレス・マネジメント概論」:本郷キャンパス
  • 全学体験ゼミナール(A2ターム)「ピアサポート・支えあいの理論と実践を学ぶー相互扶助のキャンパスづくり」:駒場キャンパス

ビデオ教材

  • 全3巻(各回30分程度)のビデオ講義の視聴と受講確認レポートの提出

③総括講義の受講

総括講義では、予備研修での講義内容の振り返りと、実際の活動開始に向けた、体験型の学習プログラム等を実施します。下記の予定のうち、いずれか1回を受講して頂きます。所属に関係なく、どの回でも参加可能です(要予約)。

総括講義を修了すれば、ピアサポートルームの認定を得ることができ、ピアサポーターとして活動いただくことが可能になります。

第1回総括講義:2019年9月12日(木)@本郷13:00~17:00
第2回総括講義:未定です
第3回総括講義:未定です

※日程は変更になる可能性があります。
※その他にも授業が開講される場合はお知らせします。