☆★☆――――――――――――
初対面の人と楽しく話そう!
話し方のヒントをご紹介します
――――――――――――――★☆★

■目次■
1.ピアサポート活動の紹介
2.初対面の人と話していて困る場面
3.初対面の人と話すヒント
4.さいごに・参考書籍

◇◆◇――――――――――
1.ピアサポート活動の紹介
――――――――――◆◇◆
はじめまして!私たちは「ピアサポーター」です。私たちは東京大学の学生同士の支え合い(ピアサポート)の仕組みを作るために、学生からの視点を大切にしながら様々な活動(ピアサポート活動)を行っています。
ピアサポート活動には、支援を求める学生に対して支援する「相談支援型」と、サポーター自らがキャンパス全体に出かけて支援を届ける「アウトリーチ型」の2種類があります。現在、相談支援型サポートとしては旧東大出版会棟(2食の隣の建物)で行っている「ぴあサポ相談室」を行っています。ここではピアサポーターたちと気軽にお話をすることができます。このメルマガは「アウトリーチ型」サポートのひとつです!

◇◆◇――――――――――――――
2.初対面の人と話していて困る場面
――――――――――――――◆◇◆
突然ですが、みなさんは初対面の人と話す時に困ったことはありませんか?
特に大学生であるみなさんの周りには、初対面の人との出会いがたくさんあります。
例えば、
「パーティーや飲み会に招待され、初対面の人と同じテーブルを囲んだ時」
「授業で隣に座っている人とディスカッションをする時」
などです。
そしてこのようなシチュエーションに出くわした時、みなさんはこのようなことを考えていませんか!?
●相手に対し失礼なことをしていないだろうか…(敬語の使い方のミス、「さん」付けすべきか「先生」とお呼びするべきか、などなど…)
●相手は自分との会話を楽しんでいるのだろうか…
●自分ばかり話しているor相手ばかり話しているけれど、いいのだろうか…
●トイレに行きたいのだけど、この場で言うと相手に申し訳ない気がする…
●早くこの場から離れたいなあ…
特に、初対面の人と話す時は知り合いと話す時以上に細かいことを気にしがちになります。でも安心して下さい!こういうことはみんな考えていることです。
このように、初対面の人との会話には多くの悩みが付いて回ります。こうした悩みを少しでも和らげられるよう、以下で初対面の人との話し方に関するヒントを紹介していきます。

◇◆◇――――――――――
3.初対面の人と話すヒント
――――――――――◆◇◆
ここでは、雰囲気・態度、自己紹介、話題の順に紹介していきます。

【雰囲気・態度】
初対面の人と話すとき、相手が話しやすくてしかも自分も話しやすい空気ができればお互い気持ちがよいですよね。そんな雰囲気をつくるために、こんなことを試してみてください。
相手の話を聴くときには…
◆相手の話にあわせてゆっくりうなずき、相手の目を見る
相手の話にあいづちを打ちましょう。ゆっくりうなずくことで、相手に対してきちんと話を聴いているということを伝えることができます。相手の目を見るのが難しいときは目の周りや鼻のあたりを見てみましょう。
◆身体を相手の方に向ける
人は、自分の方を向いていない相手に対しては話しづらさを感じてしまいます。相手の方を向いてしっかりと話を聴く態度を見せましょう。
◆相手の話を最後まで聴く
相手の話を途中でさえぎってしまうと、相手は「自分の話を聴いてもらえていない」と感じてしまいます。まずは相手の話を最後まで聴いてみましょう。
自分が話すときには…
◆笑顔で話す
表情は、人が人を見るときの重要なポイントです。ほほえむことで相手に対して興味を持っていることを伝えることができます。
◆肩の力を抜く
自分が気張ってしまうと相手にもそれが伝わって、話しづらい空気が生まれてしまいがちです。会話を続けないと、など気張りすぎずに深呼吸して肩の力を抜いてみましょう。

【自己紹介】
いざ初対面の人に自己紹介するとき、どういう風に話せばいいかわからず戸惑いませんか?次のようなことを意識してみると、少し楽に自己紹介ができると思います。
◆好きなものについて話す
自己紹介では好きなものについて話すと自分が話しやすくなります。この際、自分がどうしてそれが好きなのかも添えるとなお良いでしょう。
◆「教えてください」を使ってみる
「映画を観るのが好きです。おすすめの映画があればぜひ教えてください。」のように、「教えてください」を自己紹介の中にいれてみましょう。相手と話すきっかけづくりにもなります。

【話題】
相手と実際に話す段階になるとよい話題が見つからず困ってしまうこと、ありませんか?そんな時は誰もが話しやすい話題から会話を深めていきましょう。
◆天気
「最近めっきり寒くなりましたね、冬物の支度は始めましたか?」など、生活全体に関わる話題は誰もが話しやすいものです。
◆食べ物
食事は生活の中の大きな楽しみのひとつです。「最近食べたものでおいしかったものは何ですか?」などの言葉は会話を広げるきっかけになりやすいです。
◆旬の話題
季節の話題も誰もが話しやすい話題です。この季節なら紅葉の話題や鍋物の話題があるでしょう。
このような雑談を進める中で、相手が話していて楽しそうな話題がみつかれば、そちらの話題に会話を深めてゆくと相手と長く話すことができます。

◇◆◇――――――――――
4.さいごに&参考書籍など
――――――――――◆◇◆
【さいごに】
いかがでしたでしょうか?これらのヒントを使って、初対面の人と話すことが少しでも楽になればとても嬉しいです。初対面の人と話すのは緊張することですが、少しずつ慣れていって自分も相手もお互い楽しく話せるようになれるとよいですね☆
次号では、「初対面の人と帰り道が同じだった時」や「1回会ったことのある人とバッタリ会った時」などの初対面ではない人と話す際のヒントや話題についてを配信する予定です。どうぞお楽しみに★

【参考書籍、参考ページ】
・杉山美奈子『好感度急上昇の話し方・聞き方・伝え方』大和書房、2007年
・日本経済新聞2013年6月15日付
『口べたでもOK 「雑談力」高める3つのステップ』 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO56199600U3A610C1W05001/

【ご意見、ご感想をお待ちしています】
みなさまの声をお待ちしております。
dcs-peer@ml.adm.u-tokyo.ac.jpまでご意見ご感想をどしどしお寄せください!