ピアサポートルーム室長のあいさつ

 東京大学のピアサポート活動は、仲間による支援に携わるピアサポーターの皆さんがキャンパスに出て行って、東大のすべての学生、さらには大学全体をエンパワーするための活動です。現在、120名を超える学生がピアサポーターとして認定を受け、学生ならではの視点から多様な支援活動に携わっています。
 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、みなさんの学生生活も大きく影響を受けています。オンライン中心の学生生活の中では、つながりをつくってお互いに支え合うことがより一層重要になっています。相互扶助のキャンパスを目指す「ピアの輪」に、皆さんにも加わっていただけるのをお待ちしています。

ピアサポートルーム室長 高野 明

ピアサポーター代表のあいさつ

 東京大学のピアサポーターは、東大生が満ち足りた学生生活を送ることを目指して様々な活動を行っています。「困ったときはお互い様」とはよく言われますが、実際に人を頼るのは難しいものです。そんなハードルを少しでも下げようと、同じ学生の仲間であるという点を活かして、私たちはより東大生のニーズにあった活動を行うことを心がけています。

東京大学ピアサポートルームは、各種イベントの開催だけでなく、情報発信や広報、組織運営、作業効率化、データ分析などそれぞれが得意な点を活かして活動できる体制になっており、また所定の手続きを踏めば新たな種類の活動を始めることもできます。皆様も企画の参加者として、あるいはピアサポーターとしてこの活動に参加していただけると幸いです。

ピアサポーター代表 加見 伊於理