「新型コロナウイルス感染症に関するストレスについてのアンケート」結果公表①

新型コロナウイルスの感染の長期化に伴い、現在私たちは大学に行けない、友達と会えないなど様々なストレスにさらされています。

そこで私たちピアサポートルームは、普段行っているストレス啓発の活動の延長として、コロナ禍における東大生のストレスの実態やストレス対処方法などを把握するためのアンケートを実施しました。2021年6月24日から7月7日の期間に実施し、526名もの学生にアンケートにご協力いただきました。

今回はアンケートの回答を整理したものを公表します。今後複数の回答項目を分析した結果も公表予定です。

アンケートの結果公表を通して、皆さんがこの状況下で「どのようなストレスを感じ、どのように対処しているか」という情報を共有することで、コロナ禍だけでなく、日常でも役立つ新しいストレス対処法のヒントを見つけ、自身が普段行っているストレス対処法を見つめ直す機会にしていただけたら幸いです。

【アンケートの概要】

実施主体:東京大学相談支援研究開発センターピアサポートルーム

回答方法:Webフォームへの回答 (https://ut-psr.net/2021/06/24/stress06/)

実施日:2021年6月24日~2021年7月7日

回答呼びかけ:ピアサポートルームSNS、UTAS掲示板、国際化教育支援室HP、教養学部前期課程HP、新領域創成科学研究科のメーリングリスト

回答件数:ECCSクラウドメールアカウントを持つ東京大学学生(院生・留学生も含む)から526件

【目次】

  1. 主な結果
  2. 質問項目ごとの結果
  3. ピアサポート活動の紹介

【1. 主な結果】

新型コロナウイルス感染症に対する効果的な対策が取られるようになってきたほか、対面での活動が一部再開されたことなどで、ストレスに関する状況も変化したと考えられる。

ストレスの度合いは昨年度と比較して高く、「人との交流」が与えている影響が大きい。ストレス解消には運動映像鑑賞などが特に好まれている。

【2. 質問項目ごとの結果】

Q1-1. 学年/Student status

Q1-2. 性別/Gender

Q1-3. 居住形態/Living Status

⇒様々な学年の方から回答をいただきました。居住形態は昨年度よりも一人暮らしの割合が増えていました。

Q1-4. 現在、以下の行動を1週間あたりどの程度行っていますか?/Currently, how many times do you do these activities per week?

⇒登校日数は多い人から少ない人までばらつきが見られましたが、対面授業や課外活動の数としては「0」の人が多く、いまだに活動が制限されていることが読みとれます。外出機会は週に数度出かける人が多いようです。

Q1-5. 現在、人と話す機会は1週間にどの程度ありますか?/Currently, how often do you talk to people within a week?

⇒対面での家族との会話は頻繁に話すケースとほとんど話さないケースがほとんどのようですが、非対面での場合は全く話さないか、週1〜2回話す人が多いとみられます。家族以外とは週1〜2回程度話す人が多いですが、家族以外と話す頻度が0の人もある程度確認できます。

Q2. 現在、新型コロナウイルス感染症関連でストレスを感じていますか?/Do you currently feel any stress during the COVID-19 outbreak?

Q3. Q2でそう感じるのは、なぜですか? /Why do you feel that way in Q2?

⇒全体としてストレスを感じている人が多く、その理由は人との交流という側面が大きいようです。外出ができないことや不安感を抱える人も多い一方で、オンラインで自分の時間をうまく使えストレスをあまり感じていない人も一定数いることが読み取れます。

Q4. コロナ禍で新しく始め、今も続けている習慣(ストレス発散法)はありますか?/How do you manage your stress during the COVID-19 outbreak?

⇒特に運動人との会話映像鑑賞などをストレス解消法として行っている人が多いようです。

Q5. コロナ禍で活動が制限された2020年4月頃から現在までを振り返って、ストレスはどんな時に強かったですか? /Looking back on this year from April 2020 to now when our lives have been limited with COVID-19, when was your stress most intense ?

Q6. コロナ禍で活動が制限された2020年4月頃から現在までを振り返って、ストレスはどんな時に弱かったですか? /Looking back on this year from April 2020 to now when our lives have been limited with COVID-19, when was your stress least intense?

⇒これらの回答結果でも、やはり人との交流がストレスの強弱に影響を与えていたことが読み取れます。他にオンライン授業をめぐってストレスが強弱したことも注目すべきかもしれません。

Q7. 以下は、ストレス解消に役立つのではないかと考えられている活動です。あなたはどの活動がストレスの軽減に役立つと思いますか?/The following items are activities considered as effective solutions to reduce our stress. What kind of activities do you think would help to reduce our stress?

⇒特に運動音楽を聴くこと打ち込めるものを見つけることの割合が高く、逆に料理やオンラインでの交流はそれほど高くありませんでした。

Q8. 上の選択肢以外にストレスの軽減に役立つと思うものが有る方はご記入下さい。/If there is anything you would suggest other than the above choices, please state here.

睡眠に関する回答が特に多く見られました。良質な睡眠、睡眠時間をしっかりとるなど、睡眠の質や量を改善してストレス軽減を図る人が多いようです。そのほか、散歩自然の中で過ごすといった回答も多く見られました。

Q9. もし明日新型コロナウイルス感染症が収束したら何がしたいですか?/What would you like to do if COVID-19 ended tomorrow?

⇒収束後は旅行がしたいという人が多く見られました。

以上、結果公表①でした。結果公表の続き②はこちら

【3. ピアサポート活動の紹介】

ピアサポートルームとは?

ピアサポートルームは、東大生が満ち足りた学生生活を送ることを大切にしています。そのために、以下の6つの点に寄与することを目指しています。

  1. 心身の健康
  2. 居場所づくり
  3. 人とのつながり
  4. 役に立つ情報の交換
  5. 自己理解の深化
  6. 多様なものの見方の獲得

ピアサポートルームのHPやTwitter、LINE公式アカウントでイベント告知を行なっています。是非チェックしてください。

 本郷キャンパス→ https://twitter.com/utpsr(@utpsr)

 駒場キャンパス→ https://twitter.com/utpsr_komaba(@utpsr_komaba)

 柏キャンパス→ https://twitter.com/utpsr_kashiwa(@utpsr_kashiwa)

 LINEの「友だち」→「公式アカウント」→「東大ピアサポートルーム」で検索→「追加」を押す